電気の正しい理解と利用を説いた本

永野芳宣 著 ; 石原進 監修

電気エネルギー問題。何が本質か?本書は明快な理解の助けとなる-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • "電気"も商品→だが最低これだけの基礎知識が必要
  • 「放射能は怖いけど、でも地球温暖化対策は何処へ?」
  • どっち!"二万人の犠牲"と"放射能"と
  • 電気って何だろう?→水や食料(特に主食)と同じく公共物という材料→材料の経済原則は"低価格"
  • 原発止めたらどうなるか→森山貫太郎先生の試算
  • 脱原発で何が起きるか→貫太郎先生の怖いホラー話
  • 「走る再生エネルギー導入の現実と課題」
  • 大地震・ツナミと安全な原子力発電
  • 「電気文明国日本のエネルギーと国民のコスト負担」
  • 「再生エネルギーの導入とコスト」〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 電気の正しい理解と利用を説いた本
著作者等 永野 芳宣
石原 進
書名ヨミ デンキ ノ タダシイ リカイ ト リヨウ オ トイタ ホン
出版元 財界研究所
刊行年月 2012.6
ページ数 192p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-87932-086-5
NCID BB10646899
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22171639
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想