イマジネーションの生態学 : 子ども時代の自然との詩的交感

イディス・コッブ 著 ; 黒坂三和子, 村上朝子 訳

すべての子どもが生まれつきもっている天性(ジーニアス)と自然との関係が、人間性の成熟に深くかかわっている。自然の世界と自己の生き方と科学・技術との新たな関係の在り方を希求するすべての人たちに対して、本書は多くのことを語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 私の探究の序曲
  • 第2章 知識の起源としての驚嘆
  • 第3章 驚嘆の感覚を解剖する
  • 第4章 知覚組織のエコロジー
  • 第5章 生物から文化へと進化する
  • 第6章 一人ひとりの個性化のエコロジー
  • 第7章 思考と言語で表す意味の進化
  • 第8章 創造的な進化-共感心あふれる謙虚な知性を育むために
  • イディス・コッブの唯一の講演原稿と論文
  • イディス・コッブの探究の意味について指導者・友人たちが語る
  • 北米教育機関等での高い評価・日本の役割

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イマジネーションの生態学 : 子ども時代の自然との詩的交感
著作者等 Cobb, Edith
村上 朝子
黒坂 三和子
コッブ イディス
書名ヨミ イマジネーション ノ セイタイガク : コドモ ジダイ ノ シゼン トノ シテキ コウカン
書名別名 THE ECOLOGY OF IMAGINATION IN CHILDHOOD

Imajineshon no seitaigaku
出版元 新思索社
刊行年月 2012.4
版表示 改訳版.
ページ数 304p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7835-1202-8
NCID BB10613630
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22175486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想