飛鳥の木簡

市大樹 著

かつて日本古代史は、『日本書紀』『古事記』や中国の史書に頼らざるを得なかった。だが一九九〇年代後半以降、三万点以上に及ぶ飛鳥時代の木簡の出土が相次ぎ、新たな解明が進み始める。本書は、大化改新、中国・朝鮮半島との関係、藤原京造営、そして律令制の成立時期など、日本最古の木簡から新たに浮かび上がった史実、「郡評論争」など文献史料をめぐる議論の決着など、木簡解読によって書き替えられた歴史を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 一三〇〇年の時を超えて
  • 第1章 日本最古の木簡(紀年銘木簡から探る
  • 考古学的見地から探る
  • 日本における木簡使用の始まり)
  • 第2章 大化改新はあったのか(「乙丑年」荷札木簡の衝撃
  • 荷札木簡からみた「国-評-五十戸」制)
  • 第3章 天武天皇と持統天皇の王宮(日本最古の暦
  • 石神遺跡の性格
  • 飛鳥浄御原宮の姿)
  • 第4章 飛鳥の総合工房(富本銭を鋳造した攻防
  • 飛鳥池工房の性格)
  • 第5章 飛鳥寺の多彩な活動-日本最古の寺院の姿(飛鳥寺と道昭
  • 宗教・医療・経済活動)
  • 第6章 藤原京の誕生(長い造営工事藤原京の街並み
  • 都市問題の発生と信仰)
  • 第7章 日本古代国家の転換点-大宝律令制定の波紋(一三〇〇年後の大発見
  • 画期としての七〇一年)
  • 終章 「飛鳥の木簡」の意義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 飛鳥の木簡
著作者等 市 大樹
書名ヨミ アスカ ノ モッカン : コダイシ ノ アラタ ナ カイメイ
書名別名 古代史の新たな解明

Asuka no mokkan
シリーズ名 中公新書 2168
出版元 中央公論新社
刊行年月 2012.6
ページ数 270p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102168-7
NCID BB09459690
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141292
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想