ブルーノ・タウト : 日本美を再発見した建築家

田中辰明 著

第一次大戦後のドイツ、タウトは貧困にあえぐ労働者のための集合住宅を華やかに彩り、「色彩の建築家」と呼ばれた。しかしナチスの圧迫を逃れて来日、白木の建築に感銘を受けて、日本美の紹介に努めた。その後トルコに招聘され、新しい様式の建築を展開した。激変する環境のなかで変容を重ねる作品を紹介しつつ、妻と秘書の二人の伴侶、建築家であった弟と子供のことなど複雑な人間関係を解明し、五八年の生涯を辿る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 修業時代
  • 第2章 円熟期を迎えて
  • 第3章 ベルリン・モダニズムのなかで
  • 第4章 日本美の再発見
  • 第5章 二人の伴侶-妻と秘書
  • 第6章 イスタンブールでの生活

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ブルーノ・タウト : 日本美を再発見した建築家
著作者等 田中 辰明
書名ヨミ ブルーノ タウト : ニホンビ オ サイハッケン シタ ケンチクカ
書名別名 Buruno tauto
シリーズ名 中公新書 2169
出版元 中央公論新社
刊行年月 2012.6
ページ数 195p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102169-4
NCID BB09460033
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141285
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想