ささやかながら信じる心があれば

ミッチ・アルボム 著 ; 小田島則子, 小田島恒志 訳

「私が死んだら、きみが葬式で弔辞を読んでくれ」ユダヤ教のラビからの突然の依頼に、とまどうミッチ。断ることもできず、いつ来るとも知れぬその日のために取材を開始する。長い間、宗教とは距離をおいてきた彼は、「なぜ宗教を理由に人々は殺し合うのか」「神が人をつくったのなら、なぜ人は悪事を働くのか」など、ラビに日頃の疑問を投げかける。取材が八年におよぶなか、ミッチはひとりのキリスト教の牧師と出会う。人種も宗教も異なるふたりの宗教家との交流は、かたくなだったミッチの心に新たな価値観をもたらすことに…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 春(偉大なる「逃げ隠れ」の伝統
  • ラビとの対話
  • 小さな歴史
  • ヘンリーの人生
  • 神のファイル
  • 平和の家
  • 信仰としきたりの日々
  • しきたり
  • 春の終わり)
  • 夏(私たちの失うもの…
  • 共同体
  • アルバート・ルイスのことをもう少し
  • 最大の質問
  • なぜ戦争か?
  • 幸せ
  • 夏の終わり)
  • 秋(教会
  • 豊かさとは何か?
  • 教会
  • 老いる
  • 教会
  • 良い結婚
  • あなたの信仰、私の信仰
  • 私たちに残されているもの…
  • 感謝祭
  • 秋の終わり)
  • 冬(冬至
  • 「善い」と「悪い」
  • カスの話
  • 謝る
  • 真実の瞬間
  • 天国
  • 教会
  • さようなら
  • 弔辞
  • 私たちが残していくもの…
  • エピローグ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ささやかながら信じる心があれば
著作者等 Albom, Mitch
小田島 則子
小田島 恒志
アルボム ミッチ
書名ヨミ ササヤカ ナガラ シンジル ココロ ガ アレバ
書名別名 HAVE A LITTLE FAITH

Sasayaka nagara shinjiru kokoro ga areba
出版元 NHK
刊行年月 2012.6
ページ数 309p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-14-081553-3
NCID BB09790333
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22140025
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想