現代コミュニティ心理学 : 理論と展開

植村勝彦 著

長年の講義経験をもとに、子ども、高齢者、障害者、市民を柱に設定して、コミュニティ心理学の理念に基づく理論と実践のエッセンスを紹介。福祉、臨床、保健、教育などとのコラボレーションによって、人と環境との適合を図り、人/人々のウェルビーイングを探求するテキスト。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • コミュニティ心理学とは何か
  • 第1部 子どもとコミュニティ心理学
  • 第2部 高齢者とコミュニティ心理学
  • 第3部 障害者とコミュニティ心理学
  • 第4部 市民とコミュニティ心理学
  • 再び、コミュニティ心理学とは何か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代コミュニティ心理学 : 理論と展開
著作者等 植村 勝彦
書名ヨミ ゲンダイ コミュニティ シンリガク : リロン ト テンカイ
書名別名 Gendai komyuniti shinrigaku
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2012.6
ページ数 364p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-13-012107-1
NCID BB09589437
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22147906
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想