韓国石油化学工業の曙 : 全民濟の挑戦

全民濟 著 ; 堀千穂子 訳

日本の植民地時代に生まれ、朝鮮戦争をくぐり抜け、李承晩大統領・朴正煕大統領に石油化学の必要性を訴え、1962年の大韓石油公社設立に貢献し、その後、韓国にエンジニアリング産業を育て上げた、波乱の人生が綴られている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 精油産業への準備過程-植民地時代、解放、戦争、クーデター、1962年まで(ふりかえって
  • 化学の総本山を目指し、綜合科学研究所を設立 ほか)
  • 第2章 大韓石油公社-1963年から1970年離職まで(出発
  • 外資導入とガルフオイルの参与 ほか)
  • 第3章 全エンジニアリング株式会社-1971年再出発から1983年手放すまで(再出発
  • 実績 ほか)
  • 第4章 全エンジニアリング以後-1985年、身一つで三たびの出発(全インターナショナル株式会社
  • 学会活動 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 韓国石油化学工業の曙 : 全民濟の挑戦
著作者等 全 民濟
堀 千穂子
書名ヨミ カンコク セキユ カガク コウギョウ ノ アケボノ : チョン ミンジェ ノ チョウセン
出版元 柘植書房新社
刊行年月 2012.6
ページ数 203p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8068-0632-5
NCID BB0968623X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22174846
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 韓国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想