格差社会を越えて

宇沢弘文, 橘木俊詔, 内山勝久 編

社会的共通資本の視点から格差克服の構想を提示。税・社会保障、財政、金融といった経済構造の議論に、教育、中央と地方、環境といった世代間格差の議論も加え、安定的な社会を実現するための指針と展望を与える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 格差社会 何が進みつつあるのか
  • 第1部 貧富の格差(税・社会保障と格差社会
  • 財政と格差問題
  • 格差問題と金融-マイクロファイナンスの可能性)
  • 第2部 階層の固定化(教育と格差社会
  • 中央・地方と格差社会
  • 環境と格差社会)
  • 第3部 格差社会を越えて(格差社会の政治経済学
  • 「格差社会」を越えるヴィジョン-「三つの政府体系」のシナリオ)
  • 補論 市場原理主義とネオリベラリズムと格差社会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 格差社会を越えて
著作者等 内山 勝久
宇沢 弘文
橘木 俊詔
書名ヨミ カクサ シャカイ オ コエテ
シリーズ名 Economic Affairs / 日本政策投資銀行設備投資研究所 編 10
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2012.6
ページ数 296p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-040255-2
NCID BB09465649
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22145221
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想