ICTの進展と情報活用能力 = Advances in Information & Communication Technologies and Information Handling Skills : 変容する組織と個人の関係性

小豆川裕子 著

ICT(情報通信技術)の進展は、個人と組織の関係をどのように変えているのか。本書は、さまざまな統計データを用いつつ、個人の情報活用能力を機軸として個人と組織の関係を検証し、将来を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章
  • 第1章 本研究をめぐる議論
  • 第2章 ICT(Information & Communication Technology)と個人の情報活用能力に関する分析
  • 第3章 企業組織と個人の関係1:テレワーク(組織と個人のFlexibility)に関する分析
  • 第4章 企業組織と個人の関係2:自己評価と会社評価の一致(Integration)に関する分析
  • 第5章 企業組織と個人の関係3:勤続志向・転職志向(Retention/Turn over)に関する分析
  • 第6章 総括
  • 補論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ICTの進展と情報活用能力 = Advances in Information & Communication Technologies and Information Handling Skills : 変容する組織と個人の関係性
著作者等 小豆川 裕子
書名ヨミ アイシーティー ノ シンテン ト ジョウホウ カツヨウ ノウリョク : ヘンヨウ スル ソシキ ト コジン ノ カンケイセイ
書名別名 Advances in Information & Communication Technologies and Information Handling Skills

Aishiti no shinten to joho katsuyo noryoku
出版元 白桃書房
刊行年月 2012.6
ページ数 235p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-561-26564-1
NCID BB09575090
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141831
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想