研究費が増やせるメディア活用術

山本佳世子 著

「なぜ周囲(資金源・一般)にこの研究の重要性が理解されないのか…」そうつぶやく研究者に向け、現役記者(論説委員)が他分野の人にも分かる表現方法や相手(メディア)の特色・付き合い方を伝授。研究成果発表に対するメディア別記事の比較や、プレスリリース後の結果など、各種の事例を解説する。さらに、トラブルが起きた際のマスメディアの受け取り方や、異業種の人間からうまく話を引き出す方法など技術コミュニケーション全体にかかわるポイントも紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 相手のアンテナが反応する時
  • 第2章 記事に採用されるリリースを書く
  • 第3章 報道の特性を押さえてマスメディアをフル活用する
  • 第4章 記者を敵に回さず、味方につけよう
  • 第5章 インターネットやアンケートは玉石混淆
  • 第6章 「これは!」という話をどう引き出すか
  • 第7章 大学と企業、文化が違う相手と付き合う
  • 第8章 熱意とプレゼンテーション力で心をつかむ
  • 第9章 コミュニケーションのトラブルを乗り越えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 研究費が増やせるメディア活用術
著作者等 山本 佳世子
書名ヨミ ケンキュウヒ ガ フヤセル メディア カツヨウジュツ
書名別名 Kenkyuhi ga fuyaseru media katsuyojutsu
出版元 丸善
刊行年月 2012.6
ページ数 160p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-621-08538-7
NCID BB0952484X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22140023
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想