三浦老人昔話

岡本綺堂 著

死んでもかまわないから背中に刺青を入れてくれと懇願する若者、下屋敷に招じられたまま姿を消した女形、美しい顔に傷をもつ矢場の美女の因縁話など、しみじみとした哀話からぞくりとする怪談まで、岡っ引き半七の友人、三浦老人が語る奇譚十二篇に、附録として短篇二篇を添える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 三浦老人昔話(桐畑の太夫
  • 鎧櫃の血
  • 人参
  • 置いてけ堀
  • 落城の譜
  • 権十郎の芝居
  • 春色梅ごよみ
  • 旗本の師匠
  • 刺青の話
  • 雪見舞い
  • 下屋敷
  • 矢がすり)
  • 附録(黄八丈の小袖
  • 赤膏薬)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 三浦老人昔話
著作者等 岡本 綺堂
書名ヨミ ミウラ ロウジン ムカシバナシ
シリーズ名 岡本綺堂読物集 1
中公文庫 1
出版元 中央公論新社
刊行年月 2012.6
ページ数 249p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-12-205660-2
NCID BB0962021X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22140633
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想