ルソー

福田歓一 著

フランス革命に多大な影響を与えた思想家ジャン‐ジャック・ルソー(一九一二‐七八)は、文明批判、歴史哲学、経済理論、教育理論、政治理論、宗教思想、音楽ときわめて多岐におよぶ分野で文筆活動をおこなった。その人と生涯、思想の全体像を政治思想の泰斗が一般向けに平易に語る本書は、ルソー入門の決定版である。付論として「文明の現在-ルソーに引照して」を併載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 思想家ルソー(ルソーの影響力
  • 思想の特質
  • わたくしのルソー研究)
  • 2 ルソーの人と生涯(幼少年時代
  • 依存時代
  • 思想的立場の確立
  • 田園生活
  • 著作活動と迫害
  • 無実の訴え)
  • 3 ルソーの著作(文明批判
  • 秩序と徳性-『新エロイーズ』の世界
  • 人間の教育-『エミール』の世界
  • 公民の共同体-『社会契約論』の世界)
  • 付論 文明の現在-ルソーに引照して

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ルソー
著作者等 福田 歓一
書名ヨミ ルソー
書名別名 Ruso
シリーズ名 学術 266
岩波現代文庫 266
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.6
ページ数 306p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-600266-4
NCID BB09422748
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22137966
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想