雨は悄然と降っている

さとむら緑 著

家を追い出され、途方に暮れていた雄一朗は偶然、同級生で小説家となった守屋要と再会した。夕方に降る霧雨のように静かで暗い空気を纏うその男は、高校生活最後の一年間を誰よりも近く、親密な時間を過ごした相手だった。渡りに船、とばかりに守屋の家に転がり込み、そのまま居候生活を始めた雄一朗だが、何事にも無関心に生きている守屋を知り、いつしか昔のように彼から必要とされたいと思うようになって…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 雨は悄然と降っている
著作者等 さとむら 緑
書名ヨミ アメ ワ ショウゼン ト フッテ イル
書名別名 Ame wa shozen to futte iru
シリーズ名 Rose Key BUNKO r-14
出版元 ブライト
刊行年月 2012.6
ページ数 285p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-86123-257-2
全国書誌番号
22232544
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
晴れ間の名前 さとむら 緑
雨は悄然と降っている さとむら 緑
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想