魔導書が暴れて困ってます。  3 (まあ、どうにかなるでしょう)

瀬尾つかさ 著

謙児と同じ邪神の力を受け継ぐボルホス・ハドリッドたちが立ち去った六道島。今日も謙児とイリーナは、新たに増えた島の住民ナントの一族の居留地で騒動に巻き込まれたりと平穏な日々を送っていた。そんなある日、謙児と共に戦ったモーリ男爵が、ボルホスに勝ったとの急報が入る。男爵の能力はボルホスに勝てるほどではなかったはずと困惑する謙児たち。そんな彼らに一本の電話が入る。ボルホスが戦ったモーリ男爵は偽者で、本物は自分だと。電話で指定された場所に向かうと、そこにいたのは三つあみの巨乳少女だった…。この少女は一体何者?!魔導書回収ファンタジー、待望の第三弾。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 魔導書が暴れて困ってます。
著作者等 瀬尾 つかさ
書名ヨミ マドウショ ガ アバレテ コマッテマス
シリーズ名 一迅社文庫 せ-01-10
巻冊次 3 (まあ、どうにかなるでしょう)
出版元 一迅社
刊行年月 2012.7
ページ数 317p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-7580-4335-9
全国書誌番号
22193131
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想