銀狼王の求婚 : 箱庭の花嫁

小野上明夜 著

エレンシア姫が求婚されたのは、忌み神を宿したと恐れられている、美しく冷酷な王・フレドリクセンだった。けれど、エレンシアにとって彼は、厳しくも優しい初恋の相手。幸せな結婚を夢見るエレンシアだったが、フレドリクセンは力に翻弄され、恐ろしい銀狼王になっていた!彼の『生贄の花嫁』となったエレンシアは、元に戻って欲しいと奮闘するが…。忌み神に蝕まれた孤独で強大な王と、閉ざされた箱庭の姫の心の行方は-。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 銀狼王の求婚 : 箱庭の花嫁
著作者等 小野上 明夜
書名ヨミ ギンロウオウ ノ キュウコン : ハコニワ ノ ハナヨメ
書名別名 Ginroo no kyukon
シリーズ名 一迅社文庫アイリス お-02-02
出版元 一迅社
刊行年月 2012.7
ページ数 286p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-7580-4340-3
全国書誌番号
22193122
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想