自然科学とは何か : 科学の本質を問う

桜井 邦朋【著】

この本は、自然科学とはどんな学問なのか、どんなことを目的としたものなのか、などといったことについて語る。自然科学とよばれる学問の性格や目的について、今までに数多くの書物が、国の内外で出版されているが、それらと本書の内容は多くの点で違っていることを、読者の方々は読みとられるであろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 科学の真理とは何か
  • 2章 科学の進歩とは何か
  • 3章 科学と人間-科学者の世界
  • 4章 科学の研究対象
  • 5章 科学の中の数学
  • 6章 科学と技術
  • 7章 科学と科学史の間
  • 8章 日本における科学
  • エピローグ-科学の本質を問う
  • 付録 創造への挑戦-研究の現場から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自然科学とは何か : 科学の本質を問う
著作者等 桜井 邦朋
書名ヨミ シゼンカガクトハナニカ : カガクノホンシツヲトウ
出版元 森北出版
刊行年月 2012.7.13
版表示 POD版
ページ数 160p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-627-21219-0
NCID BB09663573
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想