特集 韓国 : インパクション : 「民主化」以後の「新たな」抵抗・対抗運動  185

インパクト出版会【編】

[目次]

  • 視点 5・5全原発停止から「原発ゼロの夏」へ-大飯原発3、4号機の再稼働をめぐる攻防の中で
  • 特集 韓国-「民主化」以降の「新たな」抵抗・対抗運動(「巨大な単一運動」から「差異の複数運動」へ-韓国民主化とポスト民主化時代の社会運動の分化
  • 韓国の反核運動の現状にたいする小考
  • 痛ければ「痛い」と声をあげろ!-韓国青年ユニオンに聞く、若者の雇用と労働の現状 ほか)
  • 連載(ハルモニ達とともに、日本大使館を見つめ続ける-ソウル「平和の碑」慰安婦像の制作者に聞く
  • 他郷雑感4-古い写真が語ること
  • 沖縄・やんばる風の便り-屈辱は今も…)
  • 論考(グローバル資本主義を撃つ「フェミニスト社会理論」を-日本のフェミニズム「九〇年代以降の閉塞状況」を問う(前編))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特集 韓国 : インパクション : 「民主化」以後の「新たな」抵抗・対抗運動
著作者等 インパクト出版会
書名ヨミ トクシュウカンコク : インパクション : ミンシュカイゴノアラタナテイコウタイコウウンドウ : 185
巻冊次 185
出版元 インパクト出版会
刊行年月 2012.6.10
ページ数 249p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-7554-7191-9
NCID BB11784617
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想