マンダラ国家から国民国家へ : 東南アジア史のなかの第一次世界大戦

早瀬晋三 著

ヨーロッパ列強が壊滅的な戦争をはじめたとき、東南アジアは、具体的にそれにどうかかわり変容を迫られたのか。大戦前後の周辺諸国・地域、世界とのかかわりに注目しながら、国民国家形成への道程を描き、今日さらに未来を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 マンダラ国家の近代植民地化(シャム
  • フランス領インドシナ
  • イギリス領ビルマ
  • イギリス領マラヤ
  • オランダ領東インド
  • アメリカ領フィリピン
  • まとめ)
  • 第2章 東南アジアと第一次世界大戦(シャム
  • フランス領インドシナ
  • イギリス領ビルマ
  • イギリス領マラヤ
  • オランダ領東インド
  • アメリカ領フィリピン
  • まとめ)
  • 第3章 戦後の民族運動と国民国家の形成(シャム(タイ)
  • フランス領インドシナ
  • イギリス領ビルマ
  • イギリス領マラヤ
  • オランダ領東インド
  • アメリカ領フィリピン
  • まとめ)
  • 第4章 歴史教科書のなかの第一次世界大戦(ヨーロッパ
  • 日本
  • 中国
  • 韓国
  • 場とナム
  • タイ
  • そのほか
  • まとめ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マンダラ国家から国民国家へ : 東南アジア史のなかの第一次世界大戦
著作者等 早瀬 晋三
書名ヨミ マンダラ コッカ カラ コクミン コッカ エ : トウナン アジアシ ノ ナカ ノ ダイイチジ セカイ タイセン
シリーズ名 レクチャー第一次世界大戦を考える
出版元 人文書院
刊行年月 2012.6
ページ数 170p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-409-51116-9
NCID BB09459475
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22143987
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想