生徒たちには言えないこと : 教師の矜持とは何か?

諏訪哲二 著

「真実」を子どもに伝えるのは危険だ。教師は「真理」を生徒の感性や知識や現実に合わせて組み替え、「建前」を教える必要がある。だが、このような教師業の"アクロバティック"さを、教師自身も世間もわかっていない-「プロ教師」の著者が教師業の知られざる本質を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 理屈じゃ学校は成り立たない
  • 第2章 「ほんとうのこと」を伝えるのは危険である
  • 第3章 子どもは親の好きに育てていいのか
  • 第4章 善し悪し以前に、学校とは「強制」の場だ
  • 第5章 「生徒未満」の子どもたち
  • 第6章 校長という権力-すぐれた教師はどう向き合っているか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生徒たちには言えないこと : 教師の矜持とは何か?
著作者等 諏訪 哲二
書名ヨミ セイトタチ ニワ イエナイ コト : キョウシ ノ キョウジ トワ ナニ カ
シリーズ名 中公新書ラクレ 419
出版元 中央公論新社
刊行年月 2012.6
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-150419-7
NCID BB09326358
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141587
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想