経済学の地下水脈

羽鳥卓也, 藤本建夫, 坂本正, 玉井金五 編著

[目次]

  • 第1章 マルサスの戦後不況論(『外国穀物輸入制限政策論の根拠』におけるマルサスの戦後不況論
  • マルサスとリカードウの戦後不況論争-一八一五年から一八一七年へかけて ほか)
  • 第2章 大正九年恐慌と日本人の商道徳-平生釟三郎日記から(戦後の反動、バブル、そして恐慌から慢性不況へ
  • 平生釟三郎の見た戦後の景気変動 ほか)
  • 第3章 日本における"経済学"系社会政策論と"社会学"系社会政策論-戦前の軌跡(社会政策論の二潮流
  • 大正・昭和初期人口論争再考 ほか)
  • 第4章 金融恐慌下の金融資本主義と国家市場経済-『金融資本論』の金融革新分析と現代擬制資本論(金融恐慌の現状と分析課題
  • 現代金融恐慌からの市場再建と理論課題 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済学の地下水脈
著作者等 坂本 正
玉井 金五
羽鳥 卓也
藤本 建夫
書名ヨミ ケイザイガク ノ チカ スイミャク
出版元 晃洋書房
刊行年月 2012.6
ページ数 247,11p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7710-2360-4
NCID BB09493054
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22162469
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想