角界モラル考 : 戦前の大相撲は「おおらか」だった

西村秀樹 著

[目次]

  • 1 感情表出パフォーマンスと礼儀
  • 2 物言い-情実裁定と曖昧な決着
  • 3 大相撲はスポーツにあらず-取組(競技)におけるモラル
  • 4 力士の芸人性-緩やかな就業倫理と生活倫理
  • 5 祝祭空間としての国技館
  • 6 厳粛化される大相撲-天皇制ファシズムのなかで

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 角界モラル考 : 戦前の大相撲は「おおらか」だった
著作者等 西村 秀樹
書名ヨミ カクカイ モラルコウ : センゼン ノ オオズモウ ワ オオラカ ダッタ
出版元 不昧堂
刊行年月 2012.5
ページ数 303p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8293-0492-1
NCID BB09562474
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22174334
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想