通常実施権の当然対抗 : 日本工業所有権法学会年報  第35号

日本工業所有権法学会【編】

[目次]

  • 1 研究報告(特許法学における制度論的研究の発展
  • 特許権侵害をめぐる訴訟と審判の交錯-特許権侵害訴訟判決の再審を中心として)
  • 2 シンポジウム-通常実施権:当然対抗制度を中心に(通常実施権の対抗制度のあり方
  • 当然対抗制度の導入と実務上の問題点 ほか)
  • 3 質疑応答
  • 4 論説(特許権存続期間延長を認めた、最高裁平21年(行ヒ)325号判決(平成23年4月28日言渡)とそれ以前の高裁判決と制度判定の趣旨
  • 平成23年改正特許法の下における特許関係訴訟のあり方)
  • 5 その他

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 通常実施権の当然対抗 : 日本工業所有権法学会年報
著作者等 日本工業所有権法学会
書名ヨミ ツウジョウジッシケンノトウゼンタイコウ : ニホンコウギョウショユウケンホウガッカイネンポウ : 35
巻冊次 第35号
出版元 有斐閣
刊行年月 2012.5.31
ページ数 229p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-641-29944-3
ISSN 03871754
NCID BB09328885
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想