人生を半分あきらめて生きる

諸富祥彦 著

「ふつうの幸せ」が難しい時代だ。憧れの仕事、理想の結婚、豊かな老後…そんな選択ができる人はごく少数。日本は、個人の努力とは無関係に、就職できない人、結婚できない人、孤独のまま死んでいく人がますます増える社会になる。そこでは「人並みになれない自分」に焦り苦しむより、人生を半分あきらめながら生きることが、心の奥深く満たされて生きる第一歩となる。自分ではどうにもならない現実に抗わず、今できることに集中する。前に向かうエネルギーはそこから湧いてくる-。臨床経験豊富な心理カウンセラーによる逆説的人生論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「縮小社会」を生き抜くための「半分、あきらめる力」
  • 「あきらめる」ことができると、人は、はじめて安心できる
  • 「あきらめる」とは、ものごとを「明らかに見る」こと
  • 「自分は明日、死ぬかもしれない」と、あきらめる
  • 「理想の自分になる」ことを、あきらめる
  • 「子育ては、なるようにしか、ならない」と、あきらめる
  • 「理想の結婚や恋愛はできない」と、あきらめる
  • 「自分は、孤独死するかもしれない」と、あきらめる
  • 「うつで苦しむのは仕方がない」と、あきらめる
  • 「さわやかに、あきらめて生きる」ための「9つのライフ・レッスン」
  • 人生を9割あきらめても、残り1割をあえて本気で生きる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人生を半分あきらめて生きる
著作者等 諸富 祥彦
書名ヨミ ジンセイ オ ハンブン アキラメテ イキル
シリーズ名 幻冬舎新書 も-8-1
出版元 幻冬舎
刊行年月 2012.5
ページ数 253p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-344-98265-9
NCID BB09390834
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22162585
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想