探偵小説の様相論理学

小森健太朗 著

"モナド(個世界)"の"ロゴスコード"が"モナドロギー"="セカイ系"となるのに対し、モナド的な探偵小説ははたして成り立つのか?還元公理によって主体の唯一性を保証する論理観のもとでこそ、唯一の真理を特定する探偵小説が成立する。しかし、現在性を反映した、ループする時間、分岐し複数化する主体のもとで、たったひとつの真理を決定する探偵小説は極めて成立しにくくなっている。"セカイ系"的、モチドロギー的な探偵小説ははたして成立するのか、それとも別の探偵小説の形態の可能性はあるのだろうか。現代の最先端のミステリ作品と、分析哲学の様相論理をつきあわせる、スリリングな現代思想的探偵小説論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ロゴスコードの変容と探偵小説(二一世紀的推理法の諸潮流
  • 社会派の輪郭、本格派の光と影-戦後探偵小説史一九六一〜一九八五
  • 一九九六年以降の探偵小説ジャンル新人の輩出と動向 ほか)
  • 第2部 探偵小説と様相論理(ラッセル論理学における記述理論と還元公理
  • ラッセルの論理的原子論
  • 様相論理をめぐる諸相 ほか)
  • 第3部 探偵小説論への様相論理学的適用の試み(モナドロギーからみた"涼宮ハルヒの消失"-谷川流論
  • モナドロギーからみた舞城王太郎
  • 『綺想宮殺人事件』とゲーデル問題 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 探偵小説の様相論理学
著作者等 小森 健太朗
小森 健太郎
書名ヨミ タンテイ ショウセツ ノ ヨウソウ ロンリガク
書名別名 Tantei shosetsu no yoso ronrigaku
出版元 南雲堂
刊行年月 2012.5
ページ数 292p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-523-26506-1
NCID BB09288893
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22167162
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想