中国が世界経済を破綻させる

宮崎正弘 著

米ドル基軸による世界銀行、IMF体制が揺らいでいる。いや、中国が揺らしている。人民元の基軸通貨への野望なのか?日本が関知しない舞台裏で、金本位制復帰の動きも囁かれるが…。希代の中国ウォッチャーが"世界経済"の今を読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ こんどは違う
  • 第1章 ユーロが瓦解する懼れ
  • 第2章 ユーロ危機の現場
  • 第3章 ドルが基軸通貨ほ降りる日
  • 第4章 人民元が基軸通貨になる?
  • 第5章 日本の運命、円の未来
  • 第6章 金本位制復活のシナリオ
  • 第7章 市場経済から国家資本主義へ
  • 第8章 アジア経済、喫緊の不安定要素は北朝鮮の突発的崩壊
  • エピローグ 不透明な明日

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国が世界経済を破綻させる
著作者等 宮崎 正弘
書名ヨミ チュウゴク ガ セカイ ケイザイ オ ハタン サセル
書名別名 Chugoku ga sekai keizai o hatan saseru
出版元 清流
刊行年月 2012.6
ページ数 249p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86029-385-7
NCID BB09605045
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22176136
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想