東アジアの短詩形文学 : 俳句・時調・漢詩

静永 健;川平 敏文【編】

世界で最も文字数の少ない文学「俳句」、五言・七言の句より構成される「漢詩」、そして三章六句の叙事詩「時調(シジョ)」…東アジアには古来、短い字数でかつ雄大な空間、悠久の時間をとらえる文学のかたちがあった。日中韓そして古代から現代へと、空間・時間を超えて共有される、研ぎ澄まされた言葉が織りなす短詩形文学の小宇宙を垣間見る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • "みじかいうた"に咲く宇宙
  • 雪・月・花のとき君をおもう-平安京、白楽天詩ことはじめ
  • 漢詩の歌枕-詩跡
  • 名作の楽しみ方-王之渙の「鸛鵲樓を登る」詩について
  • 王維のクオリアを探る-「〓(もう)川集」にみる"光と音の交錯する世界"
  • 中唐の名句名言-人生の四季
  • 清風明月人の管する無し
  • 日本人が読んだ陸游-『増続陸放翁詩選』所収の絶句について
  • 唐宋詞の名句-『草堂詩余』から
  • 藤原宇合の『論語』受容-『懐風藻』所載藤原宇合詩序二篇を手がかりとして〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジアの短詩形文学 : 俳句・時調・漢詩
著作者等 川平 敏文
静永 健
書名ヨミ ヒガシアジアノタンシケイブンガク : ハイクジチョウカンシ
シリーズ名 アジア遊学 152
出版元 勉誠出版
刊行年月 2012.5.29
ページ数 255p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-585-22618-5
NCID BB09263134
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想