法制史研究 : 法制史學會年報  61 ~ 2011年

[目次]

  • 論説 明治初年の聴訟事務-松江藩郡奉行所文書を手がかりに
  • 叢説(室町幕府の安堵と施行-「当知行」の効力をめぐって
  • 中国国民政府初期における反省院の設置と人事-党系統の情報機関と司法機関の連繋
  • ベケット論争と二重処罰禁止原則)
  • 学界動向(台湾法制史と土地法研究
  • ドイツ近代刑法史研究の現在)
  • 書評
  • 会報・追悼の辞
  • 平成22年度法制史文献目録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法制史研究 : 法制史學會年報
著作者等 法制史学会
書名ヨミ ホウセイシケンキュウ : ホウセイシガッカイネンポウ : 2011
巻冊次 61
2011年
出版元 成文堂
法制史学会
刊行年月 2012.3.30
ページ数 398,79p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-7923-9230-7
NCID BN08125854
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想