大阪淀川探訪 : 絵図でよみとく文化と景観

西野由紀, 鈴木康久 編

都市を貫く淀川の流れは、常に人びとの生活と綯い合わされる。『淀川両岸一覧』の美しい挿絵で甦る江戸時代の風景に、変わらぬ名所旧跡や失われた眺望、当時の営みを見出し、現在に至るまでの人と川との関わりを想像してみたい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 淀川 都市を貫く流れ(淀川ある記)
  • 2 絵図からみた淀川(「名所図会」と大阪
  • 大川ゾーン
  • 淀川ゾーン)
  • 3 移りゆく流れとその眺め(三川合流をめぐる景観の変遷
  • 「川の道」淀川と枚方の宿
  • 水都大阪のいま)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大阪淀川探訪 : 絵図でよみとく文化と景観
著作者等 西野 由紀
鈴木 康久
書名ヨミ オオサカ ヨドガワ タンボウ : エズ デ ヨミトク ブンカ ト ケイカン
書名別名 Osaka yodogawa tanbo
出版元 人文書院
刊行年月 2012.5
ページ数 166p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-409-54080-0
NCID BB0938295X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142905
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想