荷風と市川

秋山征夫 著

荷風は、昭和二〇年三月一〇日の東京大空襲で東京麻布の偏奇館を焼失した後、転々と居を変え、岡山で終戦を迎えた。昭和二一年一月に千葉県市川市菅野に住み始め、昭和三四年四月に永眠するまで、同じ市川市で暮らし続けた。戦後市川時代の荷風の生活を、一時期荷風の大家であった仏文学翻訳者・小西茂也の「荷風先生言行録メモ帖」とともに多角的に検証して荷風の内奥に迫る評伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 麻布をあとに
  • 2 市川の発見
  • 3 小西家に寄寓
  • 4 「同居人荷風」以後
  • 5 小西茂也の見た永井荷風
  • 6 晩年まで
  • 荷風と水-むすびにかえて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 荷風と市川
著作者等 秋山 征夫
書名ヨミ カフウ ト イチカワ
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2012.5
ページ数 200p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7664-1942-9
NCID BB09274221
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22166161
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想