アートマネジメント研究  第12号(2011)

日本アートマネジメント学会【編】

[目次]

  • 巻頭論説 三・一一をこえて 社会包摂型のアーツマネジメントへ
  • 研究論文(企業メセナ活動における「企業」と「子どもたち」の交流-「TOAトライヤル・ウィーク」シリーズの感想文分析
  • 近代日本の公会堂にみる公共性-明治後期(一九〇〇年代)から昭和初期(一九三〇年代)までの京阪神を中心に
  • ミュージアムにおける市民のまなざしの行方-戸隠地質化石博物館"ミドルヤード"の意味
  • 米国ウォーカー・アート・センターの教育普及プログラム-子どもへのアプローチを中心に
  • 大学でアートマネジメント教育を受けた若手人材の人的資本の形成)
  • 事例報告(淀川テクニックの"チヌ"制作過程をたどって-二〇一〇〜二〇一一年、大阪にて
  • マンガ・アニメを活かした地域再生の取組-妖怪のまちづくりを進める境港を事例として)
  • 書評

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アートマネジメント研究
著作者等 日本アートマネジメント学会
書名ヨミ アートマネジメントケンキュウ : 2011
巻冊次 第12号(2011)
出版元 美術出版社
刊行年月 2011.12.10
ページ数 119p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-568-20200-7
NCID BA60127353
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想