哲学してみる

オスカー・ブルニフィエ 文 ; ジャック・デプレ イラスト ; 藤田尊潮 訳 ; 村山保史 監修・訳

存在は、つねに外見から判断されるものでしょうか?ものごとは、しばしば外見で判断されます。言葉やしぐさによって、ひとは他者の考えや感情を知ります。感じることも使うこともできないなら、ものごとはわたしたちにとって現実味をもたないのです。たとえば、パンクしたボールはボールといえるでしょうか?外見はときにひとをあざむきます。外見はそれがこうだろうと思わせるものとはまったく一致しないこともあるのです。わたしはごく小さな胚としてこの世に誕生し、やがて成長して大人になり、最後には灰になってしまいます。どれがほんとうのわたしなのか、どうすれば知ることができるのでしょうか?-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 一と多を考える
  • 有限と無限を考える
  • 存在と外見を考える
  • 自由と必然を考える
  • 理性と情動を考える
  • 自然と文化を考える
  • 時間と永遠を考える
  • わたしと他者を考える
  • 肉体と精神を考える
  • 能動的と受動的を考える
  • 客観的と主観的を考える
  • 原因と結果を考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 哲学してみる
著作者等 Brenifier, Oscar
Després, Jacques
村山 保史
藤田 尊潮
Despr'es Jacques
デプレ ジャック
ブルニフィエ オスカー
書名ヨミ テツガク シテ ミル
書名別名 Le livre des grands contraires philosophiques
シリーズ名 はじめての哲学
出版元 世界文化社
刊行年月 2012.3
ページ数 75p
大きさ 23×23cm
ISBN 978-4-418-12500-5
NCID BB09339076
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141176
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想