十二単衣を着た悪魔 : 源氏物語異聞

内館牧子 著

59もの会社から内定が出ぬまま二流大学を卒業した伊藤雷。困ったことに、弟は頭脳も容姿もスポーツも超一流。そんな中、日雇い派遣の仕事で「源氏物語展」の設営を終えた雷は、突然『源氏物語』の世界にトリップしてしまった。そこには、悪魔のような魅力を放つ皇妃・弘徽殿女御と息子の一宮がいた。一宮の弟こそが、何もかも超一流の光源氏。雷は一宮に自分を重ね、この母子のパーソナル陰陽師になる。設営でもらった「あらすじ本」がある限り、先々はすべてわかる。こうして初めて他人に頼られ、平安の世に居場所を見つけた雷だったが…。光源氏を目の敵にする皇妃と、現代からトリップしてしまったフリーターの二流男が手を組んだ。構想半世紀、渾身の書き下ろし小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 十二単衣を着た悪魔 : 源氏物語異聞
著作者等 内館 牧子
書名ヨミ ジュウニヒトエ オ キタ アクマ : ゲンジ モノガタリ イブン
書名別名 Junihitoe o kita akuma
出版元 幻冬舎
刊行年月 2012.5
ページ数 406p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-344-02175-4
NCID BB09459668
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22162123
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想