労使関係の変化と労働組合法の課題

日本労働法学会【編】

[目次]

  • シンポジウム 労使関係の変化と労働組合法の課題(シンポジウムの趣旨説明
  • 日本の企業別組合をどう認識するか
  • コミュニティ・ユニオンと労働組合法理
  • 集団的労働法における労働者像
  • 労働組合法上の使用者概念と団交事項
  • 個別的労働関係法における労働組合の意義と機能
  • シンポジウムの記録)
  • 回顧と展望(添乗員と事業場外労働のみなし制-阪急トラベルサポート(派遣添乗員・第3)事件・東京地判平成22・9・29労判1015号5頁
  • 出講契約の更新交渉過程における不法行為の成否-河合塾(非常勤講師・出講契約)事件・最三小判平成22・4・27労判1009号5頁)
  • 平成23年度学会奨励賞について
  • 日本学術会議報告

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 労使関係の変化と労働組合法の課題
著作者等 日本労働法学会
書名ヨミ ロウシカンケイノヘンカトロウドウクミアイホウノカダイ
シリーズ名 日本労働法学会誌 119号
出版元 日本労働法学会
法律文化社
刊行年月 2012.5.20
ページ数 167p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-589-03432-8
ISSN 03860639
NCID BB09088307
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想