最適化の数理  1 (数理計画法の基礎)

小宮英敏 著

本書の目的は実数をスカラーとする有限次元線型空間における最適化理論の厳密な数学的基礎を提供することである。このような線形空間は、その次元をmとする数ベクトル空間Rmを中心に議論できるが、あえて抽象的な有限次元線形空間を採用した。一般の線形空間を扱う利点は、問題の本質を明確にすることが可能となり、思考の節約を図り問題点を最短距離で理解する道筋を見えやすくする。さらに抽象的な線形空間を積極的に扱う理由は、無限次元線形空間の理論への移行を容易にすることである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 有限次元線形空間の基本性質
  • 第2章 分離定理とその周辺
  • 第3章 順序線形空間と線形束
  • 第4章 凸集合の端構造
  • 第5章 アフィン写像と期待効用理論
  • 第6章 不動点定理
  • 第7章 微分法
  • 第8章 可微分最適化問題
  • 第9章 可微分凸関数類
  • 第10章 双対理論と凸計画問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 最適化の数理
著作者等 小宮 英敏
書名ヨミ サイテキカ ノ スウリ
書名別名 Saitekika no suri
シリーズ名 数理経済学叢書 / 岩本誠一, 楠岡成雄, 武隈愼一, 原千秋, 俣野博, 丸山徹 編集委員 3
巻冊次 1 (数理計画法の基礎)
出版元 知泉書館
刊行年月 2012.5
ページ数 282p
大きさ 23cm
ISBN 978-4-86285-131-4
NCID BB09284881
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22164046
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想