抗肥満食品の開発と応用 = Developments and applications of anti-obesity functional food

大澤俊彦 監修

[目次]

  • 序編 バイオマーカーの開発
  • 第1編 基盤的研究(アディポネクチンとそのレセプター
  • 脂肪細胞を用いた抗肥満機能評価
  • 抗肥満のメカニズム ほか)
  • 第2編 素材開発と応用(ゴマリグナン
  • アスタキサンチン
  • αリポ酸 ほか)
  • 第3編 企業編-肥満予防食品と開発動向(味の素(株)-カプシエイト類
  • 明治製菓(株)-カカオポリフェノール
  • サントリー(株) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 抗肥満食品の開発と応用 = Developments and applications of anti-obesity functional food
著作者等 大沢 俊彦
大澤 俊彦
書名ヨミ コウヒマン ショクヒン ノ カイハツ ト オウヨウ = Developments and applications of anti-obesity functional food
書名別名 Developments and applications of anti-obesity functional food

Kohiman shokuhin no kaihatsu to oyo
シリーズ名 食品シリーズ
出版元 シーエムシー
刊行年月 2012.5
版表示 普及版
ページ数 297p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7813-0503-5
NCID BB09110891
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22150724
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想