近代東アジア世界と憲法思想

國分典子 著

東アジア近代法思想の基盤にはどのような特徴がみられるのか。韓国の憲法思想に焦点をあて、西洋近代法思想の受容やその過程で現れた日本や中国の影響を分析。翻って韓国に影響を与えた近代日本の国家形成と法思想形成について問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 近代国際社会と東アジア
  • 第1章 世界観転換に伴う東アジア的特徴
  • 第2章 日本における進化論と国法学の連関性
  • 第3章 朝鮮開化期における人権思想の継受と国家観の形成
  • 第4章 大韓帝国から大韓民国へ
  • 第5章 1905‐1910年の韓国留学生雑誌における国家・法の思想
  • 第6章 日本経由でのドイツ国法学受容
  • 第7章 大韓民国臨時政府の憲法思想
  • 第8章 第一共和国憲法制定とその思想的背景
  • 終章 東アジアにおける近代と現代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代東アジア世界と憲法思想
著作者等 国分 典子
國分 典子
書名ヨミ キンダイ ヒガシアジア セカイ ト ケンポウ シソウ
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2012.5
ページ数 327p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7664-1936-8
NCID BB0919762X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22179065
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想