できるICTはやっている!感染対策すぐ使える最強ツール&らくらく活用術

森兼 啓太【編】

[目次]

  • 第1章 ICTの情報伝達術(手指衛生1 ポスターを用いた情報伝達
  • 手指衛生2 方法・手順を徹底する ほか)
  • 第2章 ICTの啓発術(研修会の開催を職員に知らせる(ポスター・メール)
  • 究極の案内掲示物 ほか)
  • 第3章 ICTの情報収集術(ICTラウンド時介入項目リスト「intervention item list」
  • 東京都の院内感染対策マニュアル ほか)
  • 第4章 ICTの情報技術(IT)活用術(年間予定の立て方
  • スケジュール管理に活用できるシステム ほか)
  • 第5章 ICTの院内・院外交渉術(入職時のクォンティフェロンTB検査を導入する
  • 空調システムの保守点検方法を変更する ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 できるICTはやっている!感染対策すぐ使える最強ツール&らくらく活用術
著作者等 森兼 啓太
書名ヨミ デキルICTハヤッテイルカンセンタイサクスグツカエルサイキョウツール&ラクラクカツヨウジュツ
シリーズ名 インフェクションコントロール 2012年春季増刊
出版元 メディカ出版
刊行年月 2012.5.10
ページ数 218p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-8404-3838-4
ISSN 09191011
NCID BB09204601
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想