いま、ぬけだそう!手をつなぎ共に生きる社会へ : ハンセン病市民学会年報  2011

ハンセン病市民学会【編】

[目次]

  • 巻頭言 「公の解放」から「一人ひとりの解放」へ-沖縄大会を終えて
  • 全体会 交流集会(ハンセン病回復者のいま
  • いま、ぬけだそう!-手をつなぎ共に生きる社会へ)
  • 分科会(宮古島交流集会 ハンセン病と戦争を考える
  • 分科会A ハンセン病療養所退所者をめぐる問題
  • 分科会B 療養所の将来と地域医療-愛楽園と南静園から
  • 分科会C 啓発のあり方を問う
  • 分科会D ハンセン病国賠訴訟の意義と今後の課題 ほか)
  • 論文 ハンセン病患者・回復者及びその家族に対する差別撤廃のための原則及びガイドライン-その起草経緯、構成と内容、特徴と意義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いま、ぬけだそう!手をつなぎ共に生きる社会へ : ハンセン病市民学会年報
著作者等 ハンセン病市民学会
書名ヨミ イマヌケダソウテヲツナギトモニイキルシャカイヘ : ハンセンビョウシミンガッカイネンポウ : 2011
巻冊次 2011
出版元 ハンセン病市民学会
解放出版社
刊行年月 2012.3.31
ページ数 262p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-7592-6752-5
NCID BB09259716
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想