原子力大国ロシア : 秘密都市・チェルノブイリ・原発ビジネス

藤井晴雄, 西条泰博 著

チェルノブイリ原発事故、ソ連崩壊といった重大局面を乗り越えて、ロシアはいまアジア諸国にむけて原発輸出を積極的に推し進めている。「原子力大国」ロシアのあらたな姿を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ソ連の原子力開発体制とチェルノブイリ
  • 第2章 原子力政府機関の変遷と原発建設
  • 第3章 新しい原子力体制への移行
  • 第4章 原子力機器製造メーカーと原子力関係研究所
  • 第5章 原子力機器製造メーカーの現状と問題点
  • 第6章 旧ソ連の原子力関連秘密都市
  • 第7章 核燃料サイクル関係施設
  • 第8章 独立原子力安全規制機関
  • 第9章 アジア諸国への原子力発電所と兵器の輸出
  • 第10章 日ロ原子力協定とその影響

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原子力大国ロシア : 秘密都市・チェルノブイリ・原発ビジネス
著作者等 藤井 晴雄
西条 泰博
ユーラシア研究所ブックレット編集委員会
書名ヨミ ゲンシリョク タイコク ロシア : ヒミツ トシ チェルノブイリ ゲンパツ ビジネス
書名別名 Genshiryoku taikoku roshia
シリーズ名 ユーラシア・ブックレット / ユーラシア研究所・ブックレット編集委員会 企画・編集 No.173
出版元 東洋書店
刊行年月 2012.4
ページ数 63p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86459-038-9
NCID BB09128489
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22162274
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想