演劇場裏の詩人森鷗外 : 若き日の演劇・劇場論を読む

井戸田総一郎 著

一八八四〜八八年のドイツ留学中、若き森鴎外は、ライプツィヒ、ドレースデン、ベルリン、ミュンヒェンといった都市の劇場に足しげく通い、観劇体験を重ねた。「劇場は唯準に高尚なる官能にのみ委ねたる場」とゲーテの言葉を訳出・紹介し、舞台上演を人の感性に働きかける「詩情の発揮の場」と高く評価していた。帰国後発表された演劇をめぐる鴎外の文章は、当時のヨーロッパの新聞・雑誌・著作と対話を交わした結果であり、独自の視座から日本の演劇状況に改良を求める野心的なものであった。本書は、日独のオリジナル資料を文献学的アプローチのうえ詳細に分析し、日本の演劇の近代化をめざした若き文豪の演劇・劇場論を再構成する試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 一八八〇年代のドイツと鴎外の観劇体験-劇場と制度
  • 第2章 都市と劇場-安全な劇場をめぐる言説
  • 第3章 演劇の近代-欧化主義と国粋主義の対立を超えて
  • 第4章 言文をめぐる論争と演劇翻訳-逍遙と鴎外
  • 第5章 演劇とオペラ-「美」を語る地平へ
  • 補章 鴎外と慶應義塾

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 演劇場裏の詩人森鷗外 : 若き日の演劇・劇場論を読む
著作者等 井戸田 総一郎
書名ヨミ エンゲキジョウウラ ノ シジン モリ オウガイ : ワカキ ヒ ノ エンゲキ ゲキジョウロン オ ヨム
書名別名 Engekijoura no shijin mori ogai
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2012.4
ページ数 243,7p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7664-1938-2
NCID BB08990745
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141143
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想