世界経済の大潮流 : 経済学の常識をくつがえす資本主義の大転換

水野和夫 著

終わりなき危機からどう離脱するのか!?出口の見えないデフレ、相次ぐ国家財政破綻、連続する経済危機…。資本主義のかつてない変化を解き明かし、未来の経済を構想する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 資本主義の大転換(ケインズの予言と利子率革命-なぜ、利子生活者は安楽死しなかったのか?
  • ポスト近代の『リヴァイアサン』のために-「長い二一世紀」に進行する四つの革命と脱近代の条件)
  • 第2章 解体する中産階級とグローバリゼーション(グローバル・インバランスとドル
  • 不可逆的なグローバル化と二極化構造-日本「輸出株式会社」の危機と知識の組み替え
  • 「バブル崩壊の物語」の二五年間)
  • 第3章 歴史の大転換にどう立ち向かうか(「歴史における危機」とは何か-9・11、9・15、3・11をつらぬくもの)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界経済の大潮流 : 経済学の常識をくつがえす資本主義の大転換
著作者等 水野 和夫
書名ヨミ セカイ ケイザイ ノ ダイチョウリュウ : ケイザイガク ノ ジョウシキ オ クツガエス シホン シュギ ノ ダイテンカン
シリーズ名 atプラス叢書 02
出版元 太田
刊行年月 2012.5
ページ数 232p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7783-1311-1
NCID BB0909147X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22170438
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想