灰色の季節をこえて

ジェラルディン・ブルックス 著 ; 高山真由美 訳

1665年春、イングランド中部の村がペスト渦に襲われた。村に腰を落ち着けたばかりの仕立て職人が、首にできた瘤から悪臭を放って死んだ日が始まりだった。すべてを燃やせ!-仕立て職人の遺した言葉も村人は聞く耳を持たなかった。まもなく病は燎原の火のように広がりはじめた。18歳の寡婦アンナの家も例外ではなく、幼い息子二人をたちまち死神が連れ去った。底知れぬ絶望と無力感に覆われた村では、やり場のない怒が人々を魔女狩りへと駆り立て、殺人事件さえ起きた。アンナが仕える若き牧師夫妻は近隣に疫病が広がるのを防ぐために、村を封鎖してこの地にとどまり、病に立ち向かうよう呼びかけた。だが、有力者一族は村を見捨てて立ち去り、死者はとめどなく増え続ける…。史実をもとに、巧みなストーリーテリングと瑞々しい感性で綴られる、絶望と恐怖、そして再生の物語。著者を歴史小説界の頂点に押し上げた記念すべきデビュー長篇。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 灰色の季節をこえて
著作者等 Brooks, Geraldine
高山 真由美
ブルックス ジェラルディン
書名ヨミ ハイイロ ノ キセツ オ コエテ
書名別名 YEAR OF WONDERS

Hairo no kisetsu o koete
出版元 武田ランダムハウスジャパン
刊行年月 2012.4
ページ数 420p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-270-00689-4
NCID BB09363332
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22162537
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想