微生物生態学への招待 : 森をめぐるミクロな世界

二井一禎, 竹内祐子, 山崎理正 編

植物を内から外から巧みに利用する、したたかな森の掃除屋。昆虫に乗って旅をし、時には大きな木をも枯らす森の殺し屋。ダーウィンがミミズに着目して土の中の生態学を切り拓いたように、菌類や線虫などなかなか見ることが難しい微小な生き物たちに焦点を当て、かれらが大きな動物や植物など「目立つ」生物に負けないくらい大切な役割を担っていることを明らかにする。森を舞台にした生き物たちの関わり合い、それをつなぐロープそのものともいえる微小生物たちのおりなすミクロな世界を濃密に描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 森の菌類-微小な菌の見逃せない生態(マツ針葉の内生菌-見えざる共生者
  • ともに旅する樹木とキノコ-ゴヨウマツとともに生きるベニハナイグチの自然史 ほか)
  • 第2部 線虫たち-小さくても個性派です(昆虫嗜好性線虫の生活-進化も生態も媒介昆虫が決めている?
  • キノコと昆虫を利用する線虫たち ほか)
  • 第3部 マツ枯れ-生き物たちのややこしい関係(敵か味方か相棒か-マツノザイセンチュウ‐菌‐カミキリムシ間相互作用
  • 環境激変-マツが枯れるとマツノザイセンチュウを取り巻く生物相も大騒動 ほか)
  • 第4部 ナラ枯れ-病気を森にまき散らす昆虫(探索は闇雲じゃなく精確に-微小な昆虫による宿主木の探し方
  • 親子二世代の連係プレー-木屑が語る坑道の中の社会的な生活 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 微生物生態学への招待 : 森をめぐるミクロな世界
著作者等 二井 一禎
山崎 理正
竹内 祐子
書名ヨミ ビセイブツ セイタイガク エ ノ ショウタイ : モリ オ メグル ミクロナ セカイ
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2012.4
ページ数 353p
大きさ 21cm
付随資料 CD-ROM 1枚 (12cm)
ISBN 978-4-87698-597-5
NCID BB08800180
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22165033
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想