小農複合経営の地域的展開

山本正三, 田林明, 菊地俊夫 編著

本書は、日本の農業地域を小農複合経営という視点から分析した地域調査の成果を収録したものである。われわれは農業地域や農村の実態を分析する手法としてフィールドワークを重視した。第一に、現地における土地利用や景観の観察を注意深く行い、次いで、それらを構築し支えている経済活動や社会・文化活動の仕組みを住民や行政の聞き取り調査などから情報を収集し、さらに既存の統計や文献などを用いて明らかにした。結果として、小農複合経営は日本の農業地域を支える伝統的な仕組みであることともに、日本各地の諸環境に適応した仕組みであることが理解できた。しかし現代社会では、小農複合経営の伝統や有意性が薄れつつあり、そのことが食料生産力を低下させ、環境・景観保全機能を阻害し、地域社会を衰退させてきた。本書で明らかにされた小農複合経営の仕組みは、農家経営にとどまらず、地域資源としての人、土地、資本などの有効活用に適応できることを示唆している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 総論
  • 2 遠隔地・高冷地
  • 3 首都圏(伝統農業)
  • 4 首都圏(園芸・施設農業)
  • 5 地方都市近郊
  • 6 首都近郊
  • 座談会「小農複合経営の現代的意義」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小農複合経営の地域的展開
著作者等 山本 正三
田林 明
菊地 俊夫
書名ヨミ ショウノウ フクゴウ ケイエイ ノ チイキテキ テンカイ
書名別名 Shono fukugo keiei no chikiteki tenkai
出版元 二宮書店
刊行年月 2012.4
ページ数 399p
大きさ 27cm
ISBN 978-4-8176-0357-9
NCID BB0897246X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22168466
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想