水の女 : トポスへの船路

小黒康正 著

本書は視覚と聴覚をめぐる「オデュッセイア」。人間の魂を求める物質存在であり、「陸の男」を水底へと誘う女性存在であり、新しい文学言語を導く言語存在である「水の女」と対峙する。ヨーロッパ文学に頻出するトポスを「長い船路」にて水源から終末まで追う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 船出
  • 第1章 歌声の消失
  • 第2章 歌声の復活
  • 第3章 一八一一年
  • 第4章 妙音の饗宴
  • 第5章 宴の後
  • 終章 「水の女」の黙示録-バッハマン
  • 補遺 人魚の嘆き-近現代日本文学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 水の女 : トポスへの船路
著作者等 小黒 康正
書名ヨミ ミズ ノ オンナ : トポス エノ フナジ
シリーズ名 九州大学人文学叢書 2
出版元 九州大学出版会
刊行年月 2012.4
ページ数 271,4p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7985-0076-8
NCID BB08848540
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22150045
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想