生薬学・天然物化学

吉川雅之 編

[目次]

  • 1 薬になる動植物・鉱物(生薬とは何か
  • 薬用動植物・鉱物
  • 生薬成分の構造と生合成
  • 生薬の利用
  • 生薬の同定と品質評価)
  • 2 薬の宝庫としての天然物(天然医薬品
  • 天然有機化合物の研究法
  • 微生物由来の医薬品)
  • 3 現代医療のなかの生薬・漢方薬(漢方医薬学
  • 漢方処方の応用)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生薬学・天然物化学
著作者等 吉川 雅之
書名ヨミ ショウヤクガク ・ テンネンブツ カガク
書名別名 Shoyakugaku ・ tennenbutsu kagaku
シリーズ名 ベーシック薬学教科書シリーズ : 薬学教育モデル・コアカリキュラム準拠 7
出版元 化学同人
刊行年月 2012.4
版表示 第2版.
ページ数 282p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-7598-1274-9
NCID BB08919580
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22152271
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想