法政策学の試み  第13集 (特集:参加と責任)

神戸大学法政策研究会 編 ; 泉水文雄, 角松生史 監修

[目次]

  • 第1部 特集 参加と責任(行政のアカウンタビリティの展開
  • 検察審査会制度における市民参加と検察官の役割
  • 独占禁止法違反事件における訴訟物と判決効)
  • 第2部 会員論文(発話行為論の観点から見た中小金融機関とメガバンクにおける与信審査条件の相違-中小企業の効率的な国際化に向けて
  • 地方公共団体における監査制度の改革について
  • 産業集積の課題と企業立地施策の新たな展開-緑地面積規制の緩和を事例として
  • 精神障害犯罪者に対する多機関連携政策の構築をめざして-イギリスにおける精神障害者政策導入の可能性の探求
  • 任意後見制度における公証人の関与のあり方
  • "The Society Vulnerable"and Stigma)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法政策学の試み
著作者等 泉水 文雄
神戸大学法政策研究会
角松 生史
法政策研究会
書名ヨミ ホウ セイサクガク ノ ココロミ : ホウ セイサク ケンキュウ
書名別名 法政策研究

Ho seisakugaku no kokoromi
巻冊次 第13集 (特集:参加と責任)
出版元 信山社
刊行年月 2012.3
ページ数 208p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7972-2713-0
NCID BB08719479
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22145074
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想