作家としての宮崎駿 : 宮崎駿における異文化融合と多文化主義

相良英明 著

「ナウシカ」から「ポニョ」に至る宮崎駿の軌跡を辿りながら、宮崎作品の異文化融合と多文化主義を読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 風の谷のナウシカ
  • 2 天空の城ラピュタ
  • 3 となりのトトロ
  • 4 魔女の宅急便
  • 5 紅の豚
  • 6 もののけ姫
  • 7 千と千尋の神隠し
  • 8 ハウルの動く城
  • 9 崖の上のポニョ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 作家としての宮崎駿 : 宮崎駿における異文化融合と多文化主義
著作者等 相良 英明
書名ヨミ サッカ ト シテ ノ ミヤザキ ハヤオ : ミヤザキ ハヤオ ニ オケル イブンカ ユウゴウ ト タブンカ シュギ
書名別名 Sakka to shite no miyazaki hayao
シリーズ名 比較文化研究ブックレット / 鶴見大学比較文化研究所 企画・編集 No.10
出版元 神奈川新聞社
刊行年月 2012.3
ページ数 78p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-87645-486-0
NCID BB09108186
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22190710
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想