東日本大震災検証3・11

茨城新聞社編集局 編

マグニチュード9.0という観測史上最大の巨大地震が東日本全域を揺るがし、沿岸部には巨大津波が襲いかかり、さらに原発事故による放射能漏えいへと連鎖した東日本大震災。この史上類を見ない複合災害が我々に与えたものは、果てしなく深く、重い。既存の想定ラインは全面的に見直しを迫られ、かつ新たにさまざまな課題が浮上した。3・11のその瞬間、何が起こり、被災地ではどう対応したか。従来の防災計画にはどんな盲点が隠れていたか。安全神話のヴェールをはぎ取られた原発の真の姿とは…。本書は、これらを多面的かつ広範囲に取材して『茨城新聞』に連載した、今後も持続すべき震災報道の中間報告である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 その瞬間(津波襲来
  • 避難所 ほか)
  • 第2部 想定外(避難情報伝達
  • 帰宅困難者対策 ほか)
  • 第3部 崩れた安全神話(東海第2の幸運
  • オフサイトセンター ほか)
  • 第4部 負けない(廃線の危機乗り越え
  • 息子の存在が励みに ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東日本大震災検証3・11
著作者等 茨城新聞社
茨城新聞社編集局
書名ヨミ ヒガシニホン ダイシンサイ ケンショウ 3 ・ 11
書名別名 Higashinihon daishinsai kensho 3 ・ 11
シリーズ名 いばらきbooks 11
出版元 茨城新聞社
刊行年月 2012.3
ページ数 171p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-87273-269-6
NCID BB09324239
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22137906
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想