マルクス経済学 = Marxian economics

大西広 著

マルクス経済学はここまで進化した!資本主義社会を洞察する最先端テキスト。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 マルクスの人間論-唯物論としての人間・自然・生産関係(土台としての生産活動
  • 上部構造の唯物論的理解 ほか)
  • 第2章 商品生産社会としての資本主義-資本主義的生産力の量的性格、自己増殖する価値としての資本(商品生産が一般化する条件としての生産力
  • 生産物と商品-具体化された唯物論的人間観としての商品交換 ほか)
  • 第3章 工業社会としての資本主義-資本主義的生産力の質、労働指揮権としての資本(「労働指揮権」としての資本
  • 剰余価値の量的変動 ほか)
  • 第4章 資本主義の発展と死滅-蓄積論(資本主義の生成・発展・死滅を説明するモデル-マルクス派最適成長モデル
  • 蓄積捨象の場合の再生産条件-単純再生産 ほか)
  • 第5章 資本主義的生産に先行する諸形態(迂回生産システムの飛躍的発展としての農業革命
  • 手工業における前封建制社会と封建制社会 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マルクス経済学 = Marxian economics
著作者等 大西 広
書名ヨミ マルクス ケイザイガク
書名別名 Marxian economics

Marukusu keizaigaku
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2012.4
ページ数 244p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7664-1915-3
NCID BB0894336X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22161489
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想